事業内容

ビジネス・創業支援事業

大学の研究成果を元にしたベンチャー創業、産学官連携事業の展開支援を行います。

九州プロサーチ有限責任事業組合(KPSL)

九州プロサーチ有限責任事業組合(KPSL)

九州プロサーチ有限責任事業組合(以下、KPSL)は、医学検査分野の研究とその成果の実用化の推進に向け、2014年4月、株式会社LSIメディエンスと弊社が新たに設立した組織です。

九州プロサーチ有限責任事業組合
〒819-0388 福岡市西区九大新町4番地1
TEL: 092-805-3239 E-mail: info@kpsl.jp

QBキャピタル合同会社

QBキャピタル合同会社

QBキャピタル合同会社(以下、「QBキャピタル」)は、西日本シティ銀行、弊社等が出資し、平成27年4月に設置されました。QBキャピタルでは、九州大学を中心とする国内大学の研究成果を活用する大学発ベンチャーの創出に取り組み、「大学の研究成果の社会還元」「新産業の創出」を目指すべく、基礎的な発明と事業化の端緒の間にあるといわれるギャップ(魔の川、死の谷)を埋め、プロジェクト段階からスタートアップ段階、さらには成長軌道へと導くために一気通貫で支援するファンド運営会社です。

〒814-0001 福岡県福岡市早良区百道浜2-1-22
 SRPセンタービル706
TEL:092-832-6200 E-mail:info@qbc.co.jp

背振牧場における「Q Beef」生産事業

背振牧場における「Q Beef」生産事業

背振牧場(福岡市早良区板屋)において九州大学ブランド和牛「Q Beef」を生産しています。Q Beefは放牧を中心に肥育した黒毛和牛です。子牛の 時期に草の栄養を効率的に吸収するような体質を獲得させ、肥育期間中は穀物飼料を一切与えず、草のみで仕上げます。その牛肉はイノシン酸など草由来の旨み成分と黒毛和牛本来がもつ脂肪の旨みを併せ持った赤身肉です。
この九州大学が開発した飼養方法は、輸入穀物飼料への依存度が通常の和牛肥育の4分の1から5分の1の生産方法であり、植物資源をタンパク質に変換するという生産自体が新しい、エシカル(倫理的)なマーケットとして、日本の植物資源循環を目指した次世代型牛肉生産システムです。安全で良質な牛肉生産を実現し、消費者と一体となって日本の国土を守るという付加価値を認める新規マーケット構築を目指しています。

  • 産学連携機構九州 総合研究事業
  • 産学連携機構九州 九州PPPセンター
  • 農林水産物の輸入促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄
  • 特許情報
  • HPTチーム力診断サービス
  • 産学連携機構九州 facebookページ

ログイン

アカウントお持ちの方はこちらからログインしてください。