会員のみなさまへ

特許情報詳細

アミノ化合物の光学分割剤および光学分割法

出願日 2004年07月05日
出願番号/公開番号 特願2004-197878 / 特願2004-197878
発明者名 財津潔 他
出願人(権利者) 産学連携機構九州
特許番号 第4747320号
技術分野 食品・バイオ
化学・薬品
明細書へのリンク
発明概要へのリンク アミノ化合物光学分割剤.pdf 外部リンク

目的

充分な物理的性質の差異を生じるジアステレオマーを形成することができ、更にジアステレオマーから温和な条件で目的のエナンチオマーを再生することができる、キラルなアミノ化合物用の新規な光学分割剤を提供することにある。

効果

光学分割剤として、施光性が逆になる鏡像異性体の双方を合成することができるので、試薬(光学分割剤)の選択によってR体とS体に由来するジアステレオマーの溶出順序を反転することが可能となり、エナンチオマーの存在比が大きく異なる場合などに微量成分が先に溶出するように設定することも可能である。更に、HPLC以外の分別結晶法などを用いて分離を行なう場合についても、光学分割剤が両鏡像異性体とも入手できることは溶解度等の調節を容易とするため、実用性に優れた光学分割法を提供することができる。

概要

対称型酸無水物構造の新しい化合物の合成に成功し、この化合物が如上の目的を達成し得る光学分割剤として機能することを見出し、本発明を導き出した。シクロヘキサジエン-無水カルボン酸化合物は、光学分割剤(キラル誘導体化試薬)として、HPLCによる分離において分離係数および分離度のきわめて高いジアステレオマーを形成することができ、ジアステレオマーをきわめて効率的に分離精製することができる。

  • 産学連携機構九州 九州PPPセンター
  • 農林水産物の輸入促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄
  • 特許情報
  • 産学連携機構九州 facebookページ

ログイン

アカウントお持ちの方はこちらからログインしてください。