会員のみなさまへ

特許情報詳細

ハロゲン化物質分解方法および有害物質分解検出方法ならびにその有害物質分解検出用キット

出願日 2000年11月20日
出願番号/公開番号 特願2000-352103 / 特開2001-218866
発明者名 樫原宏
出願人(権利者) 橿原宏、久木田穀(個人)
特許番号 特許4962678
技術分野 化学・薬品
明細書へのリンク
発明概要へのリンク

目的

難分解性化合物であるハロゲン化有害物質を安全、簡単、安価に効率よく分解する方法の提供を目的とする。

効果

本発明のハロゲン化物質分解方法は、ダイオキシン類、ポリ塩化ビフェニル化合物、有機ハロゲン系農薬、有機ハロゲン化合物、ハロエチレン化合物などのハロゲン化物質を、還元的分解剤を反応させて、超音波、紫外線などの物理的手段を用いて、常温、常圧で、約1分間という極めて短期間に脱ハロゲン化して分解することができる。したがって、この発明に係る有害物質分解方法は、ハロゲン化物質を、安全に、有効に、簡便にかつ短時間に分解することができる、極めて有用なハロゲン化物質分解方法である。

概要

特に有害物質であるハロゲン化物質を分解するハロゲン化物質分解方法に関するものである。更に詳細には、この発明は、環境汚染として深刻な問題を引き起こしている有害物質、特に難分解性化合物であるハロゲン化有害物質、例えば、ダイオキシン類、PCB類などのポリ塩化ビフェニル化合物、有機ハロゲン系農薬、有機ハロゲン化合物、ハロエチレン化合物などを安全に、簡単にかつ効率的に分解することができるハロゲン化物質分解方法であって、特に脱ハロゲン化によるハロゲン化物質分解方法に関するものである。また、この発明は、かかるハロゲン化物質を含む有害物質の分解を安全にかつ容易に検出ならびに確認できる有害物質分解検出方法ならびにその有害物質分解検出用キットに関するものである。

  • 産学連携機構九州 九州PPPセンター
  • 農林水産物の輸入促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄
  • 特許情報
  • 産学連携機構九州 facebookページ

ログイン

アカウントお持ちの方はこちらからログインしてください。