会員のみなさまへ

特許情報詳細

アポリポタンパクE遺伝子多型検出方法、アポリポタンパクE遺伝子多型のゲノタイプ判別方法及び試薬

出願日 2004年09月30日
出願番号/公開番号 特願2003-097497 / WO2004/087961
発明者名 川嵜弘詔
出願人(権利者) 日立化成工業株式会社
特許番号 特許4314797
技術分野 ライフサイエンス
明細書へのリンク
発明概要へのリンク

目的

様々な DNA分離方法の利用を可能とし、正確、迅速、且つ、簡便に ApoE遺伝子 多型を検出し、ゲノタイプを判定することを可能とする ApoE遺伝子 多型検出方法、 ApoE遺伝子多型のゲノタイプ判定方法及び試薬を提供することを目的とする。

効果

安価なDNA分離方法を用いてApoE遺伝子多型を検出することが可能と なり、一方で、様々な DNA分離方法の利用を可能としつつ、高速、大量化が可能となる。また、ApoE遺伝子多型検出方法、ApoE遺伝子多型のゲノタイプ判定方法及び試薬の正確性、信頼性を向上させることができる。また、機械化、製品化に際しての正確性、 信頼性を更に向上させることができると伴に、アルツハイマー病、血管疾患等、 ApoE遺伝子多型が関連する疾患の診断、 治療にとって有用な情報となるA poE遺伝子のタイビングを正確、且つ、迅速に行うことができる。

概要

アポリボタンパクEの遺伝子多型検出方法、及びそれに用い る試薬に関するものであり、制限酵素断片長多型(RFLP) 法を利用したヒト ·アポリボタンパクE遗伝子多型のゲノタイプ を判定 (ゲノタイピング)するのに有用なァポリポタンパクE遺伝子多 型検出方法、アポリポタンパクE遺伝子多型のゲノタイプ判定方法、及ぴそれに用いる試薬に関するものである。

  • 産学連携機構九州 九州PPPセンター
  • 農林水産物の輸入促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄
  • 特許情報
  • 産学連携機構九州 facebookページ

ログイン

アカウントお持ちの方はこちらからログインしてください。